So-net無料ブログ作成

元宗 (高麗王)

元宗(げんそう、1221年 - 1274年)は第24代高麗王(在位:1259年 - 1274年)。太子のときに高麗がモンゴルに服属したため、人質としてモンゴルに赴くことになるが、1259年に父の高宗とモンゴル皇帝であったモンケが死去したため、帰国して即位した。その後、帝位争いの末に即位したクビライに臣従して、国王の権力強化と親モンゴル政策を採る。ところが、この親モンゴル政策に重臣はこぞって反発し、元宗は一時廃位されかけたが(王?の項参照)、モンゴルの力を借りて重臣たちの排除を図る。1270年には反モンゴルの姿勢をとるゲリラ集団・三別抄の解散を図ったが、逆に三別抄は王の弱腰政策に怒り、高麗に対してまで反乱を起こさせることとなった。さらにはモンゴルから日本遠征の大規模負担を負わされて国民に重税を強いることとなるなど、失政を続けた。1274年、文永の役直前に病死した。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AE%97_(%E9%AB%98%E9%BA%97%E7%8E%8B)」より作成カテゴリ: 高麗王 | 1221年生 | 1274年没

大腸がん治療用の抗体医薬品の承認を了承―医薬品第二部会(医療介護CBニュース)
<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)
上田容疑者、事件前日「支払い念書」円山さんに(読売新聞)
<男子高校生>後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅(毎日新聞)
日中歴史共同研究 教科書に影響も 「盧溝橋事件」「南京事件」歩み寄り(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。