So-net無料ブログ作成
検索選択

日韓、鞆の浦で囲碁対局 10月、朝鮮通信使ゆかり「対潮楼」(産経新聞)

 江戸時代、朝鮮通信使の宿泊先となっていた広島福山市鞆町の「対潮楼」で10月、日韓のプロ棋士による囲碁対局が開催されることが27日、決まった。

 福山市役所での実行委員会(大浜憲司委員長)で承認された事業計画によると、トップ棋士による対局は10月2日に開催。近くの公民館では大盤解説が行われる。また、翌3日は鞆の浦歴史民俗資料館で女流トップ棋士が対局。プロ棋士と市民100人による百面打ちも予定している。

 関連事業として、7月に小中学生対象の囲碁入門講座、朝鮮通信使料理の再現、パネル展などが計画されている。

 朝鮮通信使は江戸時代に計12回訪日し、うち11回は鞆の浦に寄港したという。通信使の接待マニュアルを描いた絵巻物(1810年)制作から200年目にあたることから、日韓親善を深めようと企画した。

【関連記事】
小沢氏、与謝野氏に「また碁でもやろう」
余裕?小沢氏、名人と囲碁対局 引き分けに「上出来」
“剛腕対決”は力負け 小沢氏が女流棋士と対局
棋士ドル・梨沙帆(りさほ)「詰め筋が分かった瞬間が一番幸せ」
本因坊戦、山下勝ちタイに
虐待が子供に与える「傷」とは?

心臓移植の募金呼び掛け=拡張型心筋症の1歳女児―岡山(時事通信)
“橋下派”外しで自・民・公が結束…大阪府議会(読売新聞)
<サンゴ>和歌山・白浜沖に 、「しららサンゴ群集」と命名(毎日新聞)
<小沢氏>発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問(毎日新聞)
党本部推薦に県連反発、自民が宮城で分裂選挙へ(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。